Steam

恐怖の夜がやってくる【MUCK】DAY1

有象無象のゲームがそろうsteam。

有料のものから無料のものまで、そのバリエーションは様々だが、、

なんとなく無料ゲームって内容的に物足りない感じがするんだよねぇ、、。
(もちろんおもしろいゲームもたくさんあります)

しかし、無料ゲームのなかでもひときわ評価の高さが目立ったゲームを発見!

それがこちらの『MUCK』。

友達との協力プレイも可能!(今回は1人だけど)

調べてみると、

ノルウェーの技術系YoutuberであるDani氏(チャンネル登録者数240万人超)が個人で開発したマルチプレイヤー・ローグライク・サバイバルゲーム

とのことで、技術者ならではの視点で、いろんなゲームのおもしろ要素を詰め込んでいるらしい。

よーし、早速プレイしていくぞ!

ベアお
ベアお
読み方”マック”でいいよね?

 

※今回の記事は、youtubeでの動画投稿と連動した形で行っていますので、動画と記事、両方でお楽しみください!

 

昼はのんびり素材集め?

画面には時刻やライフ、空腹度などおなじみのステータスが。

ゲームが始まると、木に囲まれただだっ広いエリアへ。

はじめは石を拾い、木を何度か攻撃して木材を手に入れるように指示される。

木材が揃ったら次はワークベンチの作成。

うん、マイクラ感あるね!

ワークベンチが完成したらお気に入りの場所に配置し、より多くの道具を作成することができる。

とりあえず、素材採取の基本である「オノ」を作成。オノを装備すれば、より効率的に木材が手に入る。

この辺の画面も、この手のゲームではよくある感じだ。

うんうん、なんだかマイクラを始めたばかりのころを思い出すなぁ。

と、ここで注目したいのが画面左の「時刻」。

思ったよりもテンポ良く時間が進んでいき、あっという間に夜に。

ベアお
ベアお
さぁて、夜はどこかで寝たりできるのかな?

マイクラだとベッドを作って就寝、という流れになるよね。

と、その時。

ザッザッザ、、、。

ん?なんか足音が聞こえるぞ?

襲撃されてる!?

謎の男と犬に追われるベアお。

そう、『MUCK』の本番はここから。

昼は素材を集めて道具を作り、夜は敵からの襲撃を退けなければならないのだ。

先ほど作成したオノをぶんぶん振り回し、なんとか敵を撃破。

倒したころにはもう朝日が昇っていた、、。

いやぁ、ビックリしたよ、、。

しかし、すでに次の日は始まっている。

襲撃に備えなければ、、、。

 

拠点を作りたい

とりあえずオノを持ったまま、さらに周辺をチェック。

所々に落ちている宝箱は、敵を倒すことで手に入るコインで開くようだが、、

まだコインが足りないかな?

減ってしまった体力と空腹度を回復するために、その辺に生えているキノコを食らう、、。

が、あまりお腹は満たされないようだ。

やはり「焼いた肉」などの加工品を入手しなければいけないんだろうなぁ。

などと考えている内にどんどん時間が過ぎていく。

そこで考えたのが、

「壁立て作戦」だ。

先ほどのワークベンチで作成した木の壁で、四方を壁でブロック!

これで敵も手出しできないでしょ!

さぁ、夜がきた。

よしよし、敵がきたけど壁を必死に叩いてるだけだな?

しかし、、、

あれ?壁がダメージ受けて壊れそう!?

敵が壁を突破!そのまま逃げるも、最後は海の中で万事休す。

ぎゃーーー!突破された!にげろーーー。

くっそー、全然ダメだった、、。

これは、かなり遊びごたえがありそうだ、、、!

次回もサバイバルに挑戦していくぞ。

ではまた!

ベアお
ベアお
無料でこのクオリティ、いいね!

 

●『MUCK』steam販売ページ
https://store.steampowered.com/app/1625450/Muck/?l=japanese

ABOUT ME
ashitaenta
はじめまして。アシタエンタの管理人です。 このサイトは、ゲームや漫画・アニメなどの、 ちょっとニッチな「明日」に向かった エンタメ情報を発信するブログとなっております。 だらだらとゲーム日記を書いておりますので、 肩の力を抜き、ごゆっくりとご覧ください。