Nintendo Switch

サルと一緒に無人島生活!?【Indie World 2019.12.11】

ニンテンドースイッチで遊べる「インディーゲーム」を紹介する、「Indie World」

今回も魅力たっぷりなゲームが紹介されました。

まだみていない方は、こちらの動画をご覧ください。

全部で15本ものインディーゲームが紹介されました。

その中から、個人的に気になったゲームをいくつか紹介していきたいと思います!

ハチを操り、勝利を目指せ!

1本目は『Killer Queen Black』

ゲーム画面はぱっと見、「スーパーマリオブラザーズ」を彷彿とさせるような
ザ・2Dゲームですが、なかなかシステムが面白いんです!

まずは4人でチームを組みます。

1人が「女王バチ」で、残り3人が「働きバチ」

4対4で戦うアクションゲームなのですが、次の3つの勝利条件を先に満たした方が勝利となります。

その1:ベリーを詰め込め!

それぞれに配置されている小さな穴に、フィールド上に置いてあるベリーをとって運び、全ての穴を埋めると勝ちとなります。

ベリーを運べるのは「働きバチ」のみ。

自由に動き回って攻撃してくる「女王バチ」の攻撃をどうかいくぐるかが鍵となりそうです。

その2:女王バチを3回倒せ!

相手の女王バチを3回倒せば勝利。

相手を攻撃できるのは、はじめは女王バチだけですが、働きバチも「兵隊バチ」に変化することで攻撃が可能に!

ただし兵隊バチになるとベリーを取ることができなくなります。

つまり、ベリー集めをするのか、相手を攻撃することに徹するかを、状況をみながら判断していかなくてはならないようです、、。

その3:カタツムリをゴールさせろ!

フィールド内にいる「カタツムリ」。

働きバチがカタツムリに乗ることで、カタツムリがゴールに向かって動き出します。

ただし動きが超遅い、、、。

相手の妨害を耐えながら、カタツムリを動かすことができるか、、、。

チームワークが鍵となりそうですね。

以上の3つの勝利条件のうち、どれを選ぶか、チーム内で判断をして動かなければいけません。

ベリーを集めるなら、3人でひたすら運び、女王バチで相手を倒しまくる。

女王バチを倒すなら、3人とも兵隊バチになってひたすら相手を狙う。

またはその2つを同時に仕掛ける、などなど、様々な戦略を相手に合わせて組み合わせていかなければなりません。

見た目の派手さはありませんが、突き詰めると深いゲームシステムになっている、これこそがインディーズゲームの醍醐味と言えますね!

オンライン対戦にも対応しているとのことで、世界中のプレイヤーと息を合わせてプレイできるか、ぜひ挑戦してみたいです!

「Killer Queen Black」は2020年夏発売予定とのことで、まだ先ですが、
これからの動きに注目していきたいと思います!

無人島で、キミはどう生きる?

お次はこちらの『The Survivalists』

無人島に流れ着いたプレイヤー。

生き抜いていくためには食べ物を探したり、住む家を建てたり、、。
どうしたら良いのか途方に暮れてしまいますよね。

そんな時に役立つのが、島にいる「サル」たち。

バナナをあげると、、、?

仲間になって、食料を探してくれたり、

一緒に家を建ててくれたりするのです。

そんなサルたちを従えながら、無人島で何をするのかはあなた次第。

脱出を目指したり、お宝を探したり、島の奥地を自由に探検できるのです。

サバイバルは1人だけではなく、なんと最大4人まで同時プレイが可能!

もう無人島じゃないじゃん!w

島には襲ってくる敵もいたりと、なかなか謎の多い島をどう生きるか。

プレイヤーの数だけ冒険があるこの自由度がたまりません!

『The Survivalists』は2020年配信予定。

こちらもきになる〜!

 

ということで、まだまだ紹介したいゲームがあったのですが、今回はここまで。

皆さんもお気に入りのインディーゲームを見つけてみてくださいね〜。

ではまた!

アシタくん
アシタくん
グラフィックではなく、システム勝負のゲームが多いのが、インディーゲームのいいところ!プレイしてみたい!
ABOUT ME
ashitaenta
はじめまして。アシタエンタの管理人です。 このサイトは、ゲームや漫画・アニメなどの、 ちょっとニッチな「明日」に向かった エンタメ情報を発信するブログとなっております。 だらだらとゲーム日記を書いておりますので、 肩の力を抜き、ごゆっくりとご覧ください。