気になるニュース

みんながお前を待っていた!『ソニック・ザ・ムービー』最新予告解禁!

ついに!ついに修正版(?)のソニックがお披露目!

大人気ゲームキャラクター「ソニック」の3DCG化が話題の映画
『ソニック・ザ・ムービー』の最新予告が公開されました!

色々と変更点あり?

実は『ソニック・ザ・ムービー』の映画予告は結構前に一度公開されていました、、。

が!諸事情で作り直しを余儀無くされてしまうことに。

その諸事情とは、、

「なんかCGが変」

だったからです。

そう、以前のソニックはあまりにソニックぽくなく、、全世界から批判を受けてしまったのです。

ファンによる、CG修正バージョンの映像も作られる始末。

それだけ「ソニック」というキャラクターが愛されている証拠なのですが、
映画チームは作り直しを決定したのでした。

そんな中で発表された今回の「新予告」。

見てみましたが、これはファンも納得の出来なのではないでしょうか!

どんな映画になる?

CG以外にも、気になるのは映画の内容。

地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するため奔走します!!

とあるように、ソニックと人間とのバディものになるようですね。

ソニックと言えば、「音速のハリネズミ」と呼ばれるそのスピード。映像ではそのあたりのスピード感もバッチリ再現されています。

また、ややお調子者の口調や行動も面白おかしく表現されていましたね。

気になったものがあれば車を飛び出して見に行くところは、ユーモアたっぷり。

ギャグテイストで進みそうな本編にも期待ができます。

そして、ゲームユーザーには懐かしの、リングを取った時のあの音。大人から子供まで、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

BGMもゲーム同様に良さそう!!

あ〜早く観たい!

納得のスタッフが揃った

「ソニック」といえば「スピード」と「ユーモア」。

映画のスタッフで選ばれたのが、
プロデュースとして『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラー

監督にはアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが、実写初監督に大抜擢。

ということで、まさにスピードとユーモアの融合。
そして、新人監督の冒険ごころで、ソニックの世界観を見事に作り出してくれそうです!

全米公開は2020年2月14日

日本公開は2020年3月27日

ということで、やや遅れ気味の公開となりますが、
ネタバレを見ないように注意しながら公開日を待ちたいものです。

アシタくん
アシタくん
映画館で、あのスピードを大画面で味わいたいね!
ABOUT ME
ashitaenta
はじめまして。アシタエンタの管理人です。 このサイトは、ゲームや漫画・アニメなどの、 ちょっとニッチな「明日」に向かった エンタメ情報を発信するブログとなっております。 だらだらとゲーム日記を書いておりますので、 肩の力を抜き、ごゆっくりとご覧ください。