気になるニュース

娯楽も教育も動画の時代!? 子供向けゲーム実況チャンネル「チャンネルクロス」オープン!

子供がなりたい職業ランキングで”youtuber”が上位に来るほど、いまではだれもが知っている「YouTube」

ほぼ毎日、多くのYoutubeや動画が生まれ、どれを観るか悩んでしまうこともあるかと思います。

特に、お子さんがいる方は「この動画、教育上観せて大丈夫なのだろうか?」と悩んでいる人も多いはず。

そんな中、子供向けにゲーム実況動画などを配信する新チャンネルがオープンしたとのことなので、紹介していきます!

KADOKAWAが贈る子供向けチャンネル!

そのチャンネルの名前は「チャンネルクロス」

KADOKAWAのゲーム雑誌といえば「ファミ通」や「ゲームの電撃」シリーズなどがあります。

ファミ通は、雑誌にとどまらず「ファミ通.com」というWEBサービスも有名ですよね。
僕も新ゲームの情報や売り上げなどを見るために、重宝しています。

そんなゲーム情報のノウハウを活かして、今度は「動画」、しかも子供をターゲットとしたマーケティングを展開するそうです。

チャンネルクロスのコンセプトは、「ゲームを中心とした実況動画を通じて友だちや家族とのコミュニケーションの楽しさを伝える」とのこと。

ゲーム実況動画といえば、実況者のトークのおもしろさや、自分では持っていないソフトの攻略の様子を見る、など、どうしても一人で試聴する機会が多いのではないでしょうか?

しかし、チャンネルクロスは「コミュニケーション」に重きを置くとのことで、ゲームを通じて人との関わり方を教育していく、、、現代の日本に合った、素晴らしい取り組みじゃあないですか!

では、具体的にはどんな動画をあげているのかを紹介していきます。

チャンネルクロスの5つの特徴

①ゲーム実況を中心にバラエティに富んだ動画構成

やはり中心となるのはゲーム実況。子供に人気のある「ポケモン」、「フォートナイト」、「マイクラ」などのゲームを題材に、様々な切り口で企画を立てていくとのこと。


将来的にはプログラミングや知育系の動画も企画予定とのことで、そちらも気になります。

 

②人気のeスポーツの原点である、友だちどうしのゲーム対戦にフィーチャー

チャンネル内の目玉企画「俺んちカップ」では、なんと視聴者の家に訪問して、プロのアナウンサーとゲーマーの実況・解説付きでバトルができるそう。

まさにeスポーツ体験ができるかのような動画で、子供たちにとってはいい思い出になりそうですね!

 

③個性豊かなVTuber(バーチャルYouTuber)が実況を担当

基本的に動画実況を担当するのは、こちらのVTuberたち。

キャラクターを用いることで、子供からしたらアニメを見ているかのように、動画に親しみやすくなるのかもしれませんね!

 

④新しい遊びを提案

チャンネルクロスのキャッチコピー「勝っても負けてもゲームは楽しい!」という言葉を実現するため、どうしてもゲームが上手ではない子でも勝てるように、独自のルールを用いて動画を盛り上げていくそうです。

確かに、単純なゲームの勝ち負けって、タイトルによっては埋められない差が出てしまいますよね、、。

どのような工夫を盛り込むのか楽しみです。

 

⑤みんなが楽しめるチャンネル作りを推進

最後はこちら。冒頭にも述べましたが、子供にとって害のない安全な内容で、家族一緒に楽しめるチャンネル作りをしていくとのことです。

以上、子供向け新チャンネル「チャンネルクロス」の紹介でした。

 

実際にチャンネルをのぞいてみましたが、

フォートナイトのキルテクニックを丁寧に解説していたり、ポケモンソード・シールドを、アニポケのサトシの手持ちだけで攻略したり、、、と、子供の興味を引くような内容の動画ばかりでした。

VTuberたちの存在もかなりいい味を出しているので、これからどんどん子供たちの話題になっていくのではないでしょうか。

2020年は動画の飛躍の年とも言われております。

「チャンネルクロス」が、ゲームを飛び越えて、プログラミングや知育の分野にどのように踏み込んでいくのか、目が離せませんね!

これからも注目していきたいと思います!

■YouTubeチャンネル『チャンネルクロス』
https://www.youtube.com/c/ChCross

アシタくん
アシタくん
youtubeがビジネスやエンタメ、そして教育へと様々な広がりを見せているね!
ABOUT ME
ashitaenta
はじめまして。アシタエンタの管理人です。 このサイトは、ゲームや漫画・アニメなどの、 ちょっとニッチな「明日」に向かった エンタメ情報を発信するブログとなっております。 だらだらとゲーム日記を書いておりますので、 肩の力を抜き、ごゆっくりとご覧ください。