Nintendo Switch

初のピンチ!?溶岩の死闘【マインクラフト ダンジョンズ】第4夜

「マイクラ」チームがおくるハクスラアクションゲーム『マインクラフト ダンジョンズ』

プレイ日記第4回です。

第1回目の様子はこちらをご覧ください。

ベアおのひとりソロダンジョンズ!【マインクラフト ダンジョンズ】第1夜ついに配信! 『マインクラフト』チーム最新作の『マインクラフト ダンジョンズ』! このゲームは、マイクラの世界観を元に作られたいわゆ...

今回も「残り火のローブ」と「斧」を装備し、次なるステージへ向かいたいと思います。

「サボテン峡谷」をクリアしたので、同じ難易度は「レッドストーン鉱山」と「カボチャ草原」。

おそらくどちらでもいいのでしょうが、なんとなく「レッドストーン鉱山」へ。

さぁ、はりきっていきましょー!

ベアお
ベアお
まさかあんなことになるなんて、、、

トロッコに注意。

炭鉱の下で、邪悪な村人たちがなにやら恐ろしいものを建てているとのこと。

今回のステージでは、その秘密を突き止めるため、奥深くに進んでいくことが目的です。

しかしこのステージ、さすが鉱山というだけありレッドストーンが光輝いていてきれいですね、、。

先に進んでいくと、トロッコのレールを発見!

時折、レッドストーンを運ぶトロッコが近くを走っていきます。

どこに向かっているのだろうか、、、。

そしてこのトロッコですが、、、気を付けなければいけないことがあります。

それは、、

普通に轢かれます。

このライフの減りをみてください。

結構削られるんです、、。

特に通路が狭いところだと確実に惹かれるので、常にトロッコの動向に注意しながら進んでいくといいでしょう。

行動パターンを読め!

さらに進んでいくと、、、

ボスゲージの表示が!いきなりのボス戦です。

「エヴォーカー」という敵のようですが、姿が見えない、、。

ん?なにやら折り鶴のような敵が飛んできましたねぇ。

左端にかすかに映っているのが「エヴォーカー」のようです。

この折り鶴、追尾型でどこまでも追いかけてきます。

う~ん、なかなか敵のところまでたどり着かない、、。

無理やり中央に進むと、、、

いた!なにやら魔法を唱えてきそうですが、、、。

地面に牙が出現、、、!

牙の上でボーっとしていると、どうやら噛みつかれてしまうようです。

このエヴォーカーですが、「折り鶴」、「地面牙」2パターンを繰り返し唱えてきます。

そのため、折り鶴がきたらとにかくすぐにやっつけ、地面の牙が発動したら足元に牙が来ないように避けつつ、どんどん弓矢を放つことを繰り返していけばそこまで苦戦せずに勝てます。

行動パターンを読み切り、、、

討伐成功!

ふー、パターンを読み切るまでがつらかった、、、。

ということでどんどん進みます。

ゴーレムとの死闘

ボスを倒したので、これでクリアだろうなと思っていたのですが、、、

だだっぴろい溶岩エリアが、、、。

だいたい広いところには、何か危険が待っているんだよなぁ、、、。

はいきたー!「レッドストーンのゴーレム」出現!

しかもダメージ受けてますけど、、、。あれ?

どうやら溶岩エリアにいるだけで、じわじわとダメージを受けてしまう模様。

ベアお
ベアお
いや、ほとんど溶岩じゃん!

安置がほとんどないなか、必死で敵の攻撃をかわしてすこしずつダメージを与えるしかない、、、。

まぁ、でも大振りの攻撃をかわしてからダメージを与えればいいから楽勝かな?

と思いましたが、、、地面に謎の光が発生。

これを踏んでしまってもダメージを受けます。

いやこれ、もうダメージくらうしかないでしょ!

ということで私、はじめて死んでしまいました、、、。

はぁ、どこからやり直しなのか、、、とも考えましたが、右上に注目!

「残りライフ」という表記が!

ベアお
ベアお
ライフがある限り、やり直しが可能!

よし!これだけライフがあれば楽勝だろ!

ちーん。何回も死んだ、、、。

さぁ、ラストチャンス!

なんかもう、最後は強引に斧を振り回すだけになってしまった、、、。

ライフをたっぷり使い、「レッドストーンゴーレム」を討伐成功!

邪悪な村人が作り出している恐ろしいものとは、このゴーレムのことだったのかな、、、?

初めての死に息切れしそうになりながらも、次のステージへ、、、。

先が思いやられるぜ、、、。

ではまた次回!

ベアお
ベアお
さすがに武器を振り回しているだけじゃ勝てなくなってきた、、、!

ABOUT ME
ashitaenta
はじめまして。アシタエンタの管理人です。 このサイトは、ゲームや漫画・アニメなどの、 ちょっとニッチな「明日」に向かった エンタメ情報を発信するブログとなっております。 だらだらとゲーム日記を書いておりますので、 肩の力を抜き、ごゆっくりとご覧ください。